子供が泌尿器科に行く時

なぜ、おねしょをしてしまうのか

眠っている夜の間に作られる尿の量と、貯めるための膀胱の大きさのバランスがあわないと、おねしょという症状ででてきます。
幼児期に、夜眠っている間におもらしすることをおねしょといい、5~6歳を過ぎても月に数回以上おもらしをする事を夜尿症といいます。

夜尿症には、3タイプあります。
多尿型・膀胱型・混合型です。

多尿型は、習慣的に水分を多くとりがちで、平均的な尿量よりも多い事が特徴です。
尿を濃くして、量を少なくするという、抗利尿ホルモンの夜の分泌が少ない場合もあります。

膀胱型は、膀胱が小さい為に、我慢できる尿量が少なく夜尿をしてしまうケースです。
このタイプは夜に限らず、昼間も頻尿であり、ちびってしまうこともあります。

混合型は、膀胱が小さいのに、尿量が多いケースです。

夜尿症を治すには、タイプがどれなのか知る事からはじめないといけません。

日常生活対策ポイント

日常生活で、親御さんは、おこらない・あせらない・起こさないをモットーに接するよう心掛けてみましょう。
もちろん、夜尿をしなかった日は、いっぱい褒めてあげることも大切です。

基本は、夜中無理やりトイレと起こさないようにしましょう。
無理に起こすことで夜尿症が悪くなる場合もあるからです。
なぜなら、寝ている間に必要な抗利尿ホルモンの分泌量が起こすことで減ってしまうからです。
(しかし、治療の一環として夜間のおもらしを教えることもあります)
水分補給は、朝・昼は多くとり、夕方から少しずつ抑えていきましょう。
なので、規則正しい生活・早寝早起き、決まった時間での食事を心がけましょう。

他に、おしっこの我慢訓練です。
尿意を感じても我慢して、ぎりぎりまで我慢してトイレに行く。
そうすることで、膀胱も大きくなります。
しかし、我慢しすぎは腎臓によくないので無理しない程度に訓練してみましょう。


この記事をシェアする